INTERVIEW

佐々木 愛さん

MAKERS UNIVERSITY U-18 第2期メンバー

佐々木 愛

どう生きていたいのかを考える「きっかけ」

あなたは、これまでどんなことに興味を持ったり、行動をしたりしてきましたか?

自分の可能性をいかに突き破るかを意識しながら、様々な行動をしてきました。高校生の時は宮城の石巻で、自分の好きなロリータファッションでファッションショーを実施したり、若者を商店街に呼び寄せるために商店街のお祭りにおける空間デザインに挑戦したり。最初は一見無理だろと思うことでも、様々なことを実現させてきました。また、その中で「人間誰しも自分らしく生きられる社会を作る」という目標を持つようになり、大学進学後はこれからの働き方に注目しベンチャー企業でインターンをしながら理想の社会を作るためにやるべきことを模索しています。

そもそもMAKERS UNIVERSITY U-18 THINK BIG CAMPにはどんな想いや期待を持って応募しましたか?

応募当時、「まちづくり」をやりたいと周りに言っていたものの、「まなは地方の星になるんでしょ?」「地方創生をやるんだよね?」と言われる中でなんとなく本当にやりたいこととマッチしていないと感じていました。「自分らしく生きる」ために地方創生があるのであって、地方創生自体をやりたいわけではない気がする。そんなモヤモヤと、THINK BIG CAMPで様々な活動をする同世代や、ゲストの起業家と出会い、議論する中で、決着をつけようと思っていました。

MAKERS UNIVERSITY U-18 THINK BIG CAMPに参加したことで得たことはなんですか?参加前後での自身や活動に変化があれば教えてください。

参加以前は「人間誰しも自分らしく生きられる社会を作る」という目標の中で、地域おこしという手段に囚われていました。しかし、THINK BIG CAMPで起業家から与えられた「これからの新しい働き方」というテーマに取り組むことで、その目標のためにはいくらでも方法があるということに気づくことができました。それからゼロベースで人の生き方に影響を与えるのは何かと考え、これまでとは異なる分野にも関わるようになりました。

5日間のTHINK BIG CAMP中の最も印象に残ったエピソードを教えてください。

メンバーと一つのテーマについて議論を繰り返す中で、何度もお互い衝突したのがとても印象に残っています。例えば、何を話すにも尊敬する起業家の言葉を引用するメンバーがいて、その人に対して「お前と話している感じがしない。」と言って論争になったり。いろんな人がいるんだなーと感じたとともに、人の意見とか価値観を尊重することが大事だということ、そしてその人の個性を否定しても何も始まらないということを強く感じました。

THINK BIG CAMP終了後は各メンバーがそれぞれの住んでいる地域に戻ると思いますが、その後も5日間で出会った人たちとの関係は続いてますか?また、その繋がりはあなたにとってどのような価値がありますか。

今すぐには特に繋がりを使って何をするということもないですが、10年以内には自分もみんなも活動を進めて行く中で、何か関わることもあるのかもと思っています。また。皆それぞれ異なる分野で活躍しているので、食について知りたかったらあの人とか、宇宙と言ったらあの人とか。THINK BIG CAMPで得た繋がりは、ウィキペディアよりも活きた辞書のような価値があると感じています。

いま振り返った時に、あなたとってMAKERS UNIVERSITY U-18 THINK BIG CAMPを一言で表すと何ですか?

THINK BIG CAMPは「石巻の佐々木愛」でも、「ロリータファッションの佐々木愛」でもなく、「佐々木愛」として何をしたいのか、どう生きていたいのかを考える「きっかけ」でした。いろいろな人の意見を聞く中で、最後にふと思ったのは何にも囚われず、自分自身がそう感じたかどうかを大切にしたいということ。様々な価値観を持ち、生き生きとしている仲間やゲスト起業家を見て、自由に生きていいんだなと心から思えました。

この機会を通じて抱くようになったビジョンや、今後に向けて今考えていることを教えてください。

全部いいとこ取りができ、それぞれ大事にしたいものを大事にできる、そんな社会を作りたいと思っています。それは働き方でも、友達や家族のカタチでもそう。不倫OKの夫婦があってもいいし、いつも一緒にいいないけど大親友という関係性があってもいい。こういうのもありなんじゃない?というのを、今ある自分の常識にとらわれず、自分オリジナルで掴み取れるような応援ができるような仕組みや仕掛けを考えることにワクワクしています。

PROFILE

佐々木 愛

佐々木 愛さん

MAKERS UNIVERSITY U-18 第2期メンバー

中学2年生でロリータファッションの魅力に気がつく。高校生で、石巻の街の人に出会い、自分が生きたい場所はここだと思う。その後石巻でロリータファッションを使ったショーを開催した他、空間デザインや演劇を通して若者が街に関わるきっかけ作りを行う。大学入学後には(株)ガイアックスにインターンとして関わり、人と人が繋がり、豊かさをシェアするサービスをつくろうと活動。しかしその中で、まずサービスをつくる人自身が豊かに働くことが必要だと考え、現在は社内であらたな活動を展開。その他、女の子が生きたいように生きる社会をつくるため、挑戦中!

INTERVIEW

MAKERSUNIVERSITY U-18 THINK BIG CAMPに参加をした 第1期メンバー、第2期メンバーの体験談を紹介します。
THINK BIG CAMPに参加する前の様子、また参加してからの変化など、ぜひ参考にしてください!

  • 福永 祐一

    福永 祐一さん大阪

    MAKERS UNIVERSITY U-18 第1期メンバー

    「生きるとは何か」を感じられる場所

    インタビューを見る

  • 今井 彩碧

    今井 彩碧さん東京

    MAKERS UNIVERSITY U-18 第1期メンバー

    「やばい」仲間ができる場所

    インタビューを見る

  • 三輪 知寛

    三輪 知寛さん島根

    MAKERS UNIVERSITY U-18 第1期メンバー

    頼もしい仲間が増える場所

    インタビューを見る

  • 金村 真奈美

    金村 真奈美さん静岡

    MAKERS UNIVERSITY U-18 第1期メンバー

    一言で言えば「カオス」。

    インタビューを見る

  • 坂下 拓夢

    坂下 拓夢さん岐阜

    MAKERS UNIVERSITY U-18 第2期メンバー

    新たな自分の「はじまり」

    インタビューを見る

  • 佐々木 愛

    佐々木 愛さん宮城

    MAKERS UNIVERSITY U-18 第2期メンバー

    どう生きていたいのかを考える「きっかけ」

    インタビューを見る