もう、超えてこ、今。

世界を変える物語は、
心から湧き上がる“感情”と出会った、その瞬間から始まる。

Instagram、iPhone 、YouTube、Airbnb…
私たちの生活を支える発明は、十数年前には存在していない。

世の中を変える発明が生まれるかどうかの分かれ道は、
その“感情”に出会った瞬間に、動いたかどうかなのかもしれない。

そしてこれから先の10年、どんな人がいち早く動き、
新しい世界をつくっていくのだろうか。

行動を妨げるものがあるとしたら、それは自分が定めたリミッター。
今、取り組まない理由はいくらでも挙げることができる。

でも、突き動かされる想いに嘘はつけない。

THINK BIG CAMP ー もう、超えてこ、今。
湧き上がる想いを今、実現へと引き寄せる一歩に。

不安も、悔しいも、嬉しいも、全てひっくるめて待っているよ、
君が心からワクワクする世界と。

事前登録する

WHAT’S ?

-MAKERS UNIVERSITY U-18 THINK BIG CAMP-

MAKERS UNIVERCITY U-18 コミュニティー

MAKERS UNIVERSITY U-18は “いつか” ではなく “今”、世界を変えるため、そして、沸々とした想いを形にするために「高校生」なんて枠をとっぱらって、行動することを決めた全国のU-18世代によるコミュニティ。

その入り口となるTHINK BIG CAMPは、全国から集結した “やばい” 30人の同世代と、15人もの “やばい” 起業家たちが、まだ見ぬ理想の未来を “共に” 創る、5泊6日のスペシャルプログラム。 —そう、ここから、あなたの世界を変える物語が始まる。

THINK BIG
ここに集まる仲間と、でかい夢を今、現実にする企てをしよう。

FEATURE

君が抱いてる夢や野望を
起業家にぶつけよう!

いま沸々と湧き上がっている想いを
百戦錬磨の起業家たちにぶつけよう。

何度「そんなの無理だ」と言われても。
「馬鹿げている」と思われる行動でも。

それでも湧き上がる想いを力に、
前に進もうとする“信念”を、
起業家たちは、心から応援する。

受験が終わってからやる。
それも一つの道。

でも、湧き上がる「感情」に
出会ってしまっているなら、
今、動くしかない。

君の“本気”に、起業家たちも“本気”でぶつかり、
次の一歩を強力に後押しする。

君たちの持つ無限の可能性は、
この場が起点となって、今よりもっと解き放たれていくはずだ。

1

新たな世界を
起業家と
“共創”せよ!

世界を変える最先端にいる起業家たち、
そして、全国から集結した同世代の仲間とともに、
本気で、新たな世界を共創しよう。

君が胸に抱いている夢や野望。
人生で感じた世の中への憤りや疑問。
そうした、君たちが持っている「世界を捉える視点」こそが、
これからの世界を形作っていくことを、
ここに集まる起業家たちは知っている。

この場は、起業家から何かを教わる場ではない。
起業家やここに集まった仲間と「新しい現実を創り出してしまおう」
という、壮大な“企み”の場だ。

だからこそ起業家たちは、
君たちを「生徒」扱いはしない。

一緒に世界を変える仲間として、
対等に向き合い、
対話する時間を楽しんで欲しい。
考えをぶつけて、広げて、
自分の思想やアイディアをとことん進化させるんだ。

この場から、ほんとに世界を変えていこうじゃないか。

2

最強の応援団を味方に
“高校生の枠”を超えた
本気の挑戦へ!

学びとは、高校や大学の中だけで得られるものだろうか。

世の中を変えるために、理想を実現するために、
試行錯誤の中で、失敗と成功を繰り返す。
どんな講義よりも、その「挑戦した経験」こそが、
最強の学びになると私達は信じている。

プログラム終了後、さらに半年間、
君が理想を実現に近づけるために、
本気で事業またはプロジェクトを行うことを通し、

そんな最強の学びを得ることを応援するため、
“起業家・イノベーターによるメンタリング付きの奨学金”を創設した。

奨学金の提供者は、日本を代表する起業家・イノベーターたち。
もちろん、返済不要。

期待する見返りは、近い将来、君たちが世界で活躍する姿を見せること。
そして、いつか次の世代に恩を送って、この仕組を繋いでいくことだ。

間違いなく、日本最強のアクション応援の仕組みが、ここにある。

THINK BIG CAMPが終わったとき、
想像もしていなかったような
理想を実現へと向かわせる、更なる挑戦が始まる。

3

CONTENTS

全国の同志と
起業家と
共に挑む
共創プロジェクトワーク

全国から集結した高校生の“仲間”が5人1チームになって、6人の起業家たちと、 近未来のスタンダードになるような新しい常識や概念を、チームで発明してしまおう。

キミたちが起業家と共に挑むのは、世の中の、でかい難題(AGENDA)にイノベイティブな解決策を提示すること。

そのために、起業家や仲間たちと10年先、100年先の理想の未来を描き、
お互いのクリエイティビティを、ぶつけ合い、融合させるんだ。

もちろん机上の空論や理想を掲げるだけでは世界は前進しない。
実現には緻密な検証、そして大胆かつスピーディーなアクションが必要だ。

常識を覆す大胆な発想で未来を描き、
それが現実化するための戦略や具体的なアイディアまで落とし込む、濃密な時間。

きっと、これまでに体感したことがないような“ゾクゾク”に出会うだろう。
異なる才能が化学反応を起こしながら共に未来を創るゾクゾク感を。

CONTENTS #2

最強の起業家・
イノベーターとの
少人数での
ダイアログセッション

君の夢や野望を実現させる大きな一歩を踏み出すための「最強のメンター」との出会いが、ここに。

合宿中、様々な分野で活躍する
日本が誇るスゴイ起業家・イノベーターたちが、
君たちを「一緒に世界を変える仲間」として
対話をするためにやってくる。

これまで、どんな挑戦を繰り返してきたのか。 どんな想いを持ち、どんな野望を実現したいのか。

そんな最強のメンターとの対話が、
きっと、これまで言葉にならなかった想いや感覚を解放し、
世界の見え方が大きく変わるような、
新たな境地を体感
することになる。

何より、ここでの出会いは、この場限りではない。
その後行動を共にするような、
君たちの挑戦を大きく変える出会いも、きっとあるだろう。

存分に想いをぶつけ、また圧倒的なパワーと知識を全身で受け取るような
これまで感じたことのないゾクゾク感を楽しんでほしい。

君たちの、創りたい未来へと向かうチャレンジが大きく前進する6日間にしようじゃないか。

GUEST

AGENDA

チームで挑むアジェンダはこの6つ。起業家と共に新たな未来を共創しよう。この共創プロジェクトワークを通して、君たちは「世界を変える」を超リアルに体感することになる。それぞれのアジェンダの最前線で奮闘する起業家の見てきた世界や経験を一つの道標としつつ、君たちの本気で、「世界を変える」アクションを創るんだ。

  • 新しい国際貢献のカタチ

    渡部 清花

    NPO法人WELgee代表理事
    / MAKERS UNIVERSITY 1期生

    https://welgee.jp

    1991年生まれ。日本に来た難民申請者の社会参画とエンパワメントを目指すNPO法人WELgee 代表。様々な背景を持つ子ども若者が出入りする実家で育つ。大学時代はバングラデシュの紛争地にてNGOの駐在員・国連開発計画(UNDP)インターンとして平和構築プロジェクトに参画。自身も難民と暮らしつつ、経験・スキルを活かした就活に伴走する事業に取り組む。英語より得意なのはバングラの先住民族語(日本人で2人しか話せない)!グローバル・コンソーシアムINCO主催『Woman Entrepreneur of the Year Award 2018』グランプリ受賞。Forbes 30 under 30のJapanとAsia 選出。トビタテ!留学JAPAN一期生。内閣府世界青年の船事業第24回代表青年。

    世の中が「社会課題」だと思い込んでいる当事者たちは、実はその課題を解決する「チェンジメーカー」。一方的な支援ではなく、どれだけ人が持つ可能性を信じ、引き出し、Co-createできるかが鍵だと思っています。共に新しい未来を仕掛けましょう!

  • 人の可能性を引き出す暮らし

    近藤 佑太朗

    株式会社Unito CEO
    / MAKERS UNIVERSITY 3期生

    https://caravanjapan.jp

    「暮らしの最適化の追及」をビジョンに、テクノロジー×暮らしで、宿泊施設やCo-living、シェアハウスなどを手掛ける株式会社Unito CEO。 現在、日本初の住んだ分だけ課金する未来のカプセルハウスを開発中。不動産テック企業として、オンラインとオフラインをよりシームレスに繋ぐ世界を目指す。

    私たちはどれだけ恵まれているのだろうか?この時代に生まれ、人間に生まれ、日本人として生まれ、そして世界最高峰のコミュニティに参加できる。 そんな人生に感謝しつつ、そんな人生だからこそ、志を持って、前へ前へと進んでいきましょう。さあ、 Boys and Girls be ambitious!

  • 人々の生活を豊かにするテクノロジー

    小島 貴之

    株式会社ピカブル 代表取締役 CEO
    / MAKERS UNIVERSITY 4期生

    https://picable.co.jp

    慶應大学大学院で経営学の研究をする傍ら、SBイノベンチャー株式会社(ソフトバンクグループ)から支援を受け、通話×画面共有アプリ「ピカブル(Picable)」を立ち上げ。 Webブラウザや動画サービスをリアルタイム同期する技術を開発。2019年8月 ソフトバンクから事業を買い取り、株式会社ピカブル設立。代表取締役就任。藤田ファンド他エンジェル投資家数名から資金調達。2019年10月iOS版リリース。

    セオリーからはセオリー通りの結果しか生まれません。一見すると正しそうな考えを疑い、大人の意見や反対を気にせず、果敢にチャレンジしていきましょう。これからは他の誰でもない僕たちの時代なので。

  • 新時代の教育システム

    小幡 和輝

    #不登校は不幸じゃない 発起人 ゲームのオンライン家庭教師『ゲムトレ』代表 / MAKERS UNIVERSITY 2期生

    https://gametrainer.jp

    1994年、和歌山県生まれ。約10年間の不登校を経験。当時は1日のほとんどをゲームに費やし、トータルのプレイ時間は30000時間を超える。その後、定時制高校に入学。高校3年で起業。GlobalShapers(ダボス会議が認定する世界の若手リーダー)に選出。2018年より不登校を肯定するムーブメント「#不登校は不幸じゃない」を立ち上げ、全国100ヶ所でイベントを同時開催。SNSの関連投稿は3万件を超え、多くのメディアにも取り上げられた。2019年も継続して活動中。2019年10月、日本初、ゲームのオンライン家庭教師「ゲムトレ」サービス開始。 著書「不登校から高校生社長へ」「学校は行かなくてもいい」「ゲームは人生の役に立つ。」メディア出演 NHK おはよう日本、フジテレビ バイキング など。

    MAKERSに集まってくるみなさんであれば、一度は日本の教育に疑問を抱いたことがあると思います。文句を言うのではなく、それを自分たちで変えていきましょう。令和の時代にあった、新しい選択肢を一緒に作っていく人と出会いたいです。

  • 地球・環境と共生する社会を創る

    高倉 葉太

    株式会社イノカ CEO / MAKERS UNIVERSITY 2期生

    https://corp.innoqua.jp

    東京大学工学部を卒業後、落合陽一氏などを輩出した、東京大学暦本研で機械学習を用いた楽器の練習支援の研究を行う。在学時代にはハードウェアの開発会社を立ち上げ、様々なプロジェクトに携わる。2019年4月に株式会社イノカを立ち上げ。「自然の価値を、人々に届ける」を経営理念に掲げ、生態系を再現する独自の「環境移送技術」を活用し、大企業と協同で環境の保全・教育・研究を行っている。

    僕たちは、生物を、自然環境を愛しています。その美しさと未知なる可能性を信じています。人と地球の未来を考えましょう。地球を救い、そして人を救うのは、他の誰でもない僕らです。必要なものはただ一つ、「情熱」です。熱い想いをぶつけ合えるのを楽しみにしています。

  • 持続可能な世界を生み出すクリエイティブの力

    中村 暖

    株式会社DAN NAKAMURA代表 / MAKERS UNIVERSITY 1期生

    https://www.instagram.com/danchim/

    1995年 佐賀県生まれ。16 歳で佐賀県の代表として世界一周を経験。 京都造形芸術大学空間演出デザイン学科空間デザインコース卒業 現在同大学大学院芸術研究科 千住博研究室在籍。2015 年時に世界経済フォーラム(ダボス会議)「World Economic Forum -Global Shapers Community」 メンバーに選出される。2018年第一回アート&デザイン新世代賞最優秀賞グランプリ受賞。

    自分の発言や作ったモノで世の中や誰かを良い方向に変えるというのは、良くも悪くも進むんだ。 僕が良い!と思ったその裏側で誰かを「悲しい気持ち」にさせてしまっているかもしれない。そこに対する想像力と、世の中に対する良いを作っていく創造力、この二つのクリエイティブで一緒に誰かを嬉しい気持ちにしていこう!

OUTLINE

開催日時 2020年3月25日(水)12時30分集合〜30日(月)17時予定
宿泊 東京さぬき倶楽部
〒108-0073 東京都港区三田1−11−9
会場 都内の会場を予定しています。
募集人数 約30名
参加費用 無料
交通費補助 ご自宅から集合場所までの往復交通費に関しては、後日清算にて全額支給いたします。 各日の昼ごはん代のみ各自、ご負担を頂きます。(朝食・夕食は宿泊施設にて提供します)
応募条件 全国の高校生またはそれに準じる年齢の方 / 6日間通して参加出来る方
申し込み エントリー〆切:2019年12月28日(土)22:00
※応募者多数の場合、エントリー頂いた内容をもとに審査を行い、参加していただくメンバー(30名程度を想定)を選考させて頂きます。
選考に際して、2月上旬にかけて対面や電話・SKYPE等での追加ヒアリングをさせて頂く場合がありますこと、予めご了承下さい。
参加者の決定に関する連絡は2月中旬頃を予定しております。

事前登録する

INTERVIEW

MAKERS UNIVERSITY U-18コミュニティには、様々な想い・活動を持つメンバーが毎年集う。
THINK BIG CAMPを経たその後、過去の参加者はどのような変化や進化を遂げたのか。彼らの言葉に耳を傾けることで、君の参加する姿がより具体的にイメージできるかもしれない。

FAQ

THINK BIG CAMP運営団体について

  • THINK BIG CAMPプログラム提供団体である「認定特定非営利活動法人ETIC.(エティック)」というのはどのような団体ですか?

    認定特定非営利活動法人ETIC.(エティック)は1993年、学生起業家の全国ネットワーク組織として活動開始し、起業家型リーダーの育成に取り組み、これまで約 400 名以上の起業家を輩出しています。96 年よりスタートアップやNPOでの長期実践型インターンシッププログラムを事業化。2001 年には社会起業家育成をスタートし、日本初の社会起業のビジネスプランコンテスト「STYLE」、「社会起業塾イニシアティブ」等のプログラムを手がける。04 年からは、地域における人材育成を支援するチャレンジ・コミュニティ・プロジェクトを開始。現在全国40地域に広がっています。

引率者・スタッフについて

  • 引率するスタッフはどんな人ですか?

    MAKERS UNIVERSITY U-18 THINK BIG CAMPでは認定特定非営利活動法人ETIC.(エティック)のスタッフが引率します。エティックの職員と大学生メンターがスタッフとなります。

  • 何人くらいのスタッフが引率しますか?

    参加者数は、約30名を想定しておりますので、10名程度のスタッフが引率します。スタッフが随行し、安全管理を行い、6日間サポートを致します。

安全管理・健康面・生活面について

  • 安全管理はどのように行われていますか?

    参加者の安全をなによりも最優先に考え、安全管理マニュアルを策定し、その徹底を行っています。また、万一 の場合に備え、キャンプに随行するすべてのスタッフは救命救急講習を受講しています。ご参加いただく場合には傷害保険に加入して頂きます。保険の加入にかかる費用は事務局で負担します。

  • THINK BIG CAMP中にけがや病気になったら?

    けがや病気になった場合は、事務局で応急処置を行うとともに、その程度によっては病院への搬送、 救急車の出動要請等を行います。また、参加継続が困難な場合には、途中でご帰宅いただく場合もあります。

  • アレルギーを持っているのですが?

    参加決定後にお送りいただく「参加者フォーム」にその旨をお書きください。基本的には施設等から提供される食事がほとんどですので、完全に対応できない場合があります。詳細は事務局にご相談ください。

  • 当日の集合場所はどこですか?

    当日は、会場に直接来ていただき、集合していただきます。 その際、ご自宅から最寄りの公共交通機関までの往復は、費用負担・時間管理・安全管理等全てにおいて、参加者の自己責任にてお願い致します。(ご自宅が最寄りの公共交通機関から特に遠方である場合については費用に関して別途ご相談させて頂く場合があります。)また、本プログラム期間中であっても私的に購入するもの(飲料等)は参加者の自己負担となりますので、ご留意下さい。

費用について

  • 参加に際して何か費用はかかりますか?

    参加費は無料ですが、各日の昼ごはん代のみ各自、ご負担を頂きます。往復交通費並びに、プログラム期間中の食事(朝食・夕食)、保険、プログラム実施にかかる費用を負担します。 交通費に関しては最寄りの公共交通機関から集合場所までの往復の交通費を後日精算にてお振込します。

選考について

  • 選考はどのような基準で行うのですか?

    エントリーフォームの「応募理由」「創りたい未来像と想い」「これまでの経験」「今後の展望」に記載頂くご自身の想いの強さを踏まえて、総合的に選考させて頂きます。

参加申し込みについて

  • 申込確認等のメールがそちらから届かないのですが?

    携帯電話でメールを受信されている場合、迷惑メール等の設定によりメールが届かない場合があります。必ず「@etic.or.jp」のドメインからメールを受け取ることができるように設定してください。また、パソコンでメールを受信される場合は「迷惑メール」「削除済メール」等に当方からのメールが自動振り分けされていないかご確認ください。

  • 全日程参加できないのですが、途中参加可能ですか?

    合宿での学び合いを重視しているため、途中参加・早退は不可とさせて頂いております。全日程参加できることが応募条件となります。

その他

  • THINK BIG CAMP中に緊急で連絡を取りたいときはどうすればいいですか?

    緊急連絡については、参加決定時にお送りする「緊急連絡先」にお電話ください。 その他のお問い合せはMAKERS UNIVERSITY U-18事務局 makers-18@etic.or.jp までご連絡ください。

ORGANIZE

アントレプレナーシップ溢れる次世代リーダーを育成するNPO法人ETIC.は、1993年の発足以来、25年にわたって約450名の若き起業家を輩出してきました。
常に次世代を見据えて多様なプログラムを実施し、卒業生たちは述べ3,000人、全国で志を同じくする連携組織は、120団体にも及びます。今もなお各分野の最前線で挑戦を続ける卒業生やパートナーをメンターとして迎え、これからもETIC.は「未来をつくる人」が増え続ける循環、自律的で創造的なコミュニティを育てていきます。

MAKERS UNIVERSITY
MAKERS UNIVERSITYについて

ETIC.が運営する「MAKERS UNIVERSITY」は、10年後の未来をつくる次世代 のイノベーター達が集う、大学生・大学院生対象の「現代版・私塾」です。
日本を代表する屈指のイノベーターや、全国から集まった同世代の志高い仲間と 共に、2020年2月から、4週間の事前カリキュラム、6か月間のイノベーション 実践に挑んでいきます。

Mistletoe孫泰蔵氏、DeNA南場智子氏、C Channel 森川亮氏、マネックス松本大氏、 ユーグレナ出雲充氏、元和田中学校校長・藤原和博氏、HASUNA白木夏子氏、クロスフィールズ小沼大地氏など、日本有数の起業家/ イノベーターがメンターとして参画しています。

「MAKERS UNIVERSITY U-18」は、日本や世界の変革に挑む次世代のリーダーを 育成することを目的に、上部コミュニティである大学生・大学院生版の 「MAKERS UNIVERSITY」と連動しながら、高校生を対象に合宿型プログラムや 海外・国内ツアー、プロジェクト実践など、「実践と学び」を重視した プロジェクトを展開していきます。

認定特定非営利活動法人 ETIC.(エティック)
MAKERS UNIVERSITY U-18 THINK BIG CAMP 担当:竹田
〒150-0041 渋谷区神南1-5-7 APPLE OHMIビル 4階
Phone: 03-5784-2115 /mail: makers-u18@etic.or.jp